借金で頭を抱えている人にとって強い味方債務整理

法律を使った借金の整理方法があることをご存知ですか?債務整理は、心強い味方となります。

多重債務者が選択する自己破産

複数の貸金業者から借金をしている人を多重債務者といいますが、最初は1社からの借り入れが返済日にお金が用意できずに、新たに新しく貸金業者と取引を始める場合が多いです。このままでは2社が3社へと増えていくばかりです。弁護士に相談をして最も適した債務整理の方法を提示してもらうのが賢明です。

自己破産を選択するのは最後の手段です。借金が免責されるのと引き換えに、不動産や自動車などの高額な財産は没収されてしまうからです。預貯金は20万円までしか持てません。不動産や自動車などの財産を守りたければ個人再生や任意整理などを選びます。

多重債務 で自己破産する前に

2社以上と取引がある人を多重債務者といいます。1社だけからの借り入れでも返済は困難です。どうしても返済が出来なくなったら弁護士に相談します。弁護士はリスクやデメリットが少ない債務整理の方法を提示してくれます。自己破産はリスクやデメリットが最も多い方法で最後の手段です。

借金が免責になりゼロになるのですが、それと引き換えに高額な財産はすべて没収されます。自宅に両親や家族で住んでいる場合でも、自動車がないと仕事も生活もできない土地柄でも、不動産や自動車は没収されます。手続きが完了する数か月間は職業も制限されます。財産を守りたいなら個人再生を選びます。

多重債務 で自己破産を選択する場合

多重債務に陥ってどうしても借金が返せなくなった場合、自己破産、個人再生、任意整理とある中で、債務整理はリスクやデメリットが少ない方法から選びます。最もリスクやデメリットが少ないのは任意整理ですが、3年から5年に返済期限を延ばして返していくやり方です。

継続的に安定した収入がある人でなければ業者が納得しません。業者との合意がなければ成立しない方法です。不動産や自動車などの財産を守りたければ個人再生を選びます。不動産や自動車などの高額な財産がすでになく、保証人もいなければ借金が全額免除になる自己破産を選択するのも一つの方法です。

自己破産の計画は弁護士に任せる

自己破産の計画についても、弁護士はある程度担当してくれます。この流れで進めるようにして、少しでも金額に余裕をもたせるように心がけるなどの対策を行っています。金銭面で安心できるような状況を作ってこそ、まずは弁護士に相談できると判断できます。

そして計画内容を見ながら、最終的にどれくらいの期間で自己破産が完了していくのか確認しておきます。内容を把握することができるだけでも大きくなりますが、更に大きなメリットとして、借金を消すまでに掛かる時間がわかるため、その後の計画を立てやすくなるメリットを持っているのです。

自己破産、債務整理の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

MENU

TOP 債務整理 弁護士 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い請求 自己破産 司法書士

債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報を参考に大阪、東京、千葉の司法書士と弁護士探しにご活用ください。

本サイトは司法書士、弁護士が作成しておりません。正しくない箇所があるかもしれませんのでご了承ください。債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報は参考程度にご利用ください。