借金で頭を抱えている人にとって強い味方債務整理

法律を使った借金の整理方法があることをご存知ですか?債務整理は、心強い味方となります。

多重債務時の自己破産のデメリット

多重債務に陥ってどうしてもお金が返せなくなった時に債務整理をしますが、自己破産は最後の手段です。リスクやデメリットが大きいからです。借金が免責になりゼロになるのと引き換えに、不動産や自動車などの高額な財産はすべて没収されてしまいます。

現金は99万円まで、預金は20万円までしか持てません。手続きが完了するまでの3か月から6か月間は職業が制限され、住所も報告義務があります。自宅に両親と同居している人や、自動車がなければ仕事や暮らしが成り立たない人は、個人再生を選ぶ事になります。借金が全額免責にはなりませんが不動産屋自動車はとられません。

多重債務時に選ぶ 自己破産について

多重債務に陥ってどうしてもお金が返せなくなった時は債務整理をします。債務整理は苦しい借金生活から楽になるための方法です。債務整理には、3通りの方法があります。最もリスクの少ない財産を失う事がない任意整理は、3年から5年に返済期限を延ばして、グレーゾーンの払いすぎたお金を借金から引き算して借金を減らし、将来利息をカットして元金だけを返していくやり方です。

自己破産のように、すべてほぼすべての財産と引き換えに、借金が全額免除になる方法ではありません。自己破産は保証人がいれば取り立ては保証人へ向かいます。

多重債務 で自己破産を選ぶ時期

多重債務に陥りどうしてもお金が返せなくなった時は債務整理をする事になります。債務整理は、苦しい借金生活から楽になるための手段です。まずは余裕を持って返すことの出来る方法を模索します。

リスクが少ないといわれる任意整理は、必ず返す事を条件に、利子をカットしたり期限を延ばしたりしますが、安定した継続的な安定した収入がある人でなければ出来ない方法です。不動産や自動車などの高額な財産がほとんど何もなく、制限される職業についていない人は自己破産を選ぶ事も出来ます。不動産や自動車がどうしても手放せない人は個人再生を選ぶ方が適しています。

自己破産手続きは弁護士を経由する

自己破産は、頑張っていけば個人でも実施できると書かれていますが、ネットで書かれている内容に取り組んでもかなり大変です。個人で頑張っても、管財人を建てられないためで、どちらにしても弁護士の協力は必要になってきます。

手続きを行うなら、弁護士を経由したほうがわかりやすいでしょう。経由していることで、安心して行えるようになりますし、報告を聞いているだけで進んでいることもわかってきます。個人の負担が大きくなってしまうと、本当に終わるのかと不安に思ってしまうかもしれませんが、経由しておけばそれなりに手間は省けます。

自己破産、債務整理の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

MENU

TOP 債務整理 弁護士 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い請求 自己破産 司法書士

債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報を参考に大阪、東京、千葉の司法書士と弁護士探しにご活用ください。

本サイトは司法書士、弁護士が作成しておりません。正しくない箇所があるかもしれませんのでご了承ください。債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報は参考程度にご利用ください。