借金で頭を抱えている人にとって強い味方債務整理

法律を使った借金の整理方法があることをご存知ですか?債務整理は、心強い味方となります。

自己破産と弁護士と守秘義務について

自己破産を弁護士に相談したいが、誰かにばれてしまうのが嫌だという人にとってはその相談をするということ自体かなりハードルが高かったりするのですよね。しかし自分一人でできることには限度がありますし、相談できる相手がいるのであればきちんとしたプロに相談した方が絶対にスムーズに物事を進めていくことができるのは間違いありません。

そしてもし法律事務所などから誰か第三者に情報が漏れてしまうことを危惧しているのでしたら安心してください。法律事務所には守秘義務がありますので絶対に相談内容をばらしてはいけないことになっています。

弁護士に借金相談をすると自己破産宣告をすることが出来ます

払いきれない程の借金を背負ってしまった場合は、弁護士に借金相談をして、自己破産をすることが出来ます。破産宣告は、裁判所に申請をして、裁判所が認めた場合のみ全ての借金を免責してもらうことが出来ます。しかし、財産は全て没収されます。

不動産、車などの高級資産はもちろん、換金することが出来る物は全て没収され、借金の返済に充てられます。しかし、破産宣告後に築いた財産は全て自分の物にすることが出来るので、人生の再スタートをきる事が出来ます。借金で困っている方は、早めに弁護士に借金相談を行い、自己破産をした方が良いのか相談をしてください。

弁護士が自己破産を提示する条件

貸金業者から借りたお金がどうしても返せなくなった場合に債務整理をしますが、弁護士が最初に提示するのは任意整理です。任意整理は、借金が免責されてゼロになるのと引き換えに、不動産や自動車などの高額な財産がほぼすべて没収される自己破産と違い、借金を減らし期限を延ばして返していくやり方です。

貸金業者と合意があれば成立しますが、継続的な安定した収入がある人でなければ向きません。自己破産は、保証人がなく、高価な財産もほとんどない人、不動産や自動車がなくても、職業が数ヶ月制限されても困らない人に向いています。

自己破産には弁護士との話し合いが多くなる

最終的に、自己破産という選択肢を考えているなら、結果的に相談する回数は増えてしまいがちです。かなりの回数相談していくこととなり、思っていた以上に話をする機会も多くなるでしょう。そうした状態となってしまうのは、自己破産という方法が非常に大変なものとなっていて、確認作業を続けていく必要があるからです。

確認していく回数が多くなっていればいるほど、行われている方法について確認できるようになります。様々な結果を考えていくためにも、なるべく確認できる時間は残したいところです。そのために弁護士との相談回数を増やすことが当然のことです。

自己破産、債務整理の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

自己破産関連

MENU

TOP 債務整理 弁護士 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い請求 自己破産 司法書士

債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報を参考に大阪、東京、千葉の司法書士と弁護士探しにご活用ください。

本サイトは司法書士、弁護士が作成しておりません。正しくない箇所があるかもしれませんのでご了承ください。債務整理、過払い、自己破産と交通事故弁護士と司法書士の情報は参考程度にご利用ください。